せどり初心者でもDVD・CD転売で稼ぐ|せどりチャンネル

せどりチャンネル|トップページ >アマゾンマーケットプレイス> 顧客満足指数をアマゾンが導入|せどりチャンネル

顧客満足指数をアマゾンが導入|せどりチャンネル

 
こんにちは。河野(eBayの純)です。

2010年11月頃から、アマゾンが顧客満足指数なるシステムを導入しました。


簡単に説明すると、

マーケットプレイス出品者は、アマゾンが設けている指標をクリアしないと
IDを停止しますよ!

というシステムです。


我々マケプレ出品者からすると、なんとも恐怖感たっぷりのシステムです。
いかにも天下のアマゾンらしいです。


具体的には、以下の4つの指標をクリアする必要があります。

◆注文不良率:1%未満

マイナスの評価を受けた割合や、Amazonマーケットプレイス保証および
チャージバックが申請された割合を元に算出される評価


◆出荷前キャンセル率:2.5%未満

対象期間中に、出品者が出荷通知を送る前にキャンセルした割合。
つまり、今後は

「とりあえず空出品して、売れたら仕入れて配送しよう」

という手法をとると、最悪ID停止となるリスクがあるわけです。


◆出荷遅延率:5%未満

出荷予定日から3日過ぎても、発送通知が送信されない場合は
遅延をみなされます。

空出品をして、後から仕入れるというのはリスクがありますね。

そして、発送通知を忘れないようにしなくてはいけません。


◆返金率

どのような理由があっても、出品者が返金した場合は
この指標の対象になります。

今までは、空出品をしても低評価をつけられることも
ありませんでしたし、

ヤフオクとアマゾンで併売していて、同時に売れた場合
アマゾンをキャンセルして、ヤフオクを優先しても特に問題はありませんでした。


しかし、今後は上記のような出品方法を行うと
最悪ID停止のリスクも伴います。

他人(ここでは、アマゾン)が用意したマーケットを
使わせてもらうわけですから、ルールはきっちりと
守っていきましょう!
 
 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加