せどり初心者でもDVD・CD転売で稼ぐ|せどりチャンネル

せどりチャンネル|トップページ >せどり効率化> せどり外注化でスタッフを雇う際の注意点1|せどりチャンネル

せどり外注化でスタッフを雇う際の注意点1|せどりチャンネル

 
こんにちは、河野(eBayの純)です。
 
今日は、私のほうでもクラウドサービスに
関する話をさせてもらいます。
 
僕自身もクラウドサービスを利用してせどりをしています。
特に外注スタッフとのやり取りにおいて、クラウドサービスは必須です。
 
 
前回の黒田さんの記事(せどりの効率化に使える無料ツール:その1
でも紹介されていた、ドロップボックス。
 
私もDropboxを使っているのですが
前回記事では、このようなことが書かれていました。
 
 
 ーーーーーーーーーーーーーー
 
 ・Dropbox(ドロップボックス)
  https://www.dropbox.com/

 
 数あるクラウドサービスの中でも人気NO.1です。
 一番のメリットは
 
 ・安定感が抜群
 
 ということ。
 トラブルが少なく、安心して使えます。
 
 ただ、無料だと2GBしか容量がないので
 重いデータが置けないのがたまに傷です。
 
 でも、友達や家族に紹介すると
 1人当たり500MBずつ、容量をプレゼントしてくれます!
 
 紹介先がたくさんあるなら、
 Dropboxが一番おトクでしょうね。
 
 ーーーーーーーーーーーーーー

 
 
ドロップボックスは、初期状態では使える容量が限られています。
 
2GBって普通に考えたら凄い容量なんですが
動画ファイルなんかを入れちゃうとすぐに一杯になります。
  
そこで、黒田さんは家族や友達に紹介して容量を増やしていきましょう。
という方法を紹介されていました。
 
 
今回、私は違ったやり方で
容量を増やしていく方法を紹介します。
 
まず、せどりをやっていて「最終的に外注化させたい」
と思っている方って、結構いるんじゃないでしょうか?
 
 
外注化する場合に、必要になってくるのが「外注スタッフ」です。
 
この「外注スタッフ」となんらかのファイルをやり取りするときに
ドロップボックスで共有していきます。
 
 
説明が無かったですが、ドロップボックスって
誰かと共有するフォルダを作ることができます。
 
例えば、「売上表」や「仕入れリスト」を共有フォルダに
入れることであなたとスタッフとで同じファイルを共有できます。
 
 
 
もう、お分かりだと思いますが、スタッフに
ドロップボックスを紹介することで、あなたの容量を増やしていきます。
 
ただ、スタッフ1人、2人に紹介したところで
大量に容量が増えるわけではありません。
 
 
 
採用したスタッフに紹介するだけでなく、ふるい落とした
スタッフ「候補」にもドロップボックスを紹介していくんです。
 
求人を実施する媒体にも寄りますが
実際に求人をすると、10名とか、それ以上集まることがあります。
 
 
そうなった場合に、審査をしていくわけですが
 
・Gmailの開設
・ドロップボックスの開設
 
などをやらせるんですね。
 
 
しかも、開設方法をまとめたマニュアルなんかは渡しません。
不親切だと思われるかもしれませんが、これには理由があります。
 
マニュアルがないと、アカウントの開設ができないほど 
PCのスキルが低い人は「使えない人材」だからです。
 
 
ちょっと酷い言い方かもしれませんが。。。
 
でも、実体験をすれば分かりますが
PCスキルの低い人ほど、手がかかります。
 
自分の自由な時間を作るために始めた外注化なのに
余計な時間を使うことになるんですね。
 
 
スキルがゼロの人を入れて、そこそこのレベルに育てるよりも、
そこそこの人を最初から入れるほうが後からがラクです。

 
なので、最初の審査の段階で、マニュアルなどを用意せず
 
・アカウントの開設
 
などで基本的なスキルを見させてもらうわけです。
 
 
このときに、ドロップボックスのアカウント開設も組み込んで、
ついでに容量を増やしていきます。
 
外注化を考えている人は「ふるいにかける」という考えも参考にしてみてください。
 

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加