せどり初心者でもDVD・CD転売で稼ぐ|せどりチャンネル

せどりチャンネル|トップページ >DVDせどり> せどりでロングテール商品を扱う際の注意点|せどりチャンネル

せどりでロングテール商品を扱う際の注意点|せどりチャンネル

 
こんにちは。河野(eBayの純)です。
 
せどりでは、売れるまでのスパンを基準にして
大きく2つの商品があります。
 
(1)薄利でも(利益は少なくても)いいので、回転が早い商品
(2)回転は遅いけれども、1点あたりの売上と利幅が大きく取れる商品

 
売れるまでのスパンが短いことを「回転が早い」
売れるまで時間がかかるものを「回転が遅い」などと言ったりします。
 
 
せどり初心者の場合は、「売れる!」という感覚を掴むためにも
回転の早い商品を最初の段階では扱うことをオススメしています。
 
代表的な例だと、ランキングが常に上位に入っているようなCDです。
 
 
回転が早い商品だけで月商100万円は難しい
 
 
ただ、月商で50万や100万といった大きな売上を目指そうと思った場合、
回転の早い商品ばかりでは達成が難しくなります。
 
回転の早い商品というのは、どうしてもライバルせどらーも増えやすくなります。
 
元々が薄利なのに、ライバルが増えて更に薄利に!
さらには、ライバルが増え過ぎて回転が早かったのに、回転が遅い商品になってしまう。
ということもあります。
 
 
そこで、ご自身の在庫に取り入れて欲しいのが「ロングテール商品」になります。
 
ロングテール商品は、売れるまでのスパンは長いけれども
売れれば、1商品あたり大きな売上と利益が上がるような商品です。
 
 
私の例だと、DVD-BOXを1つ売って5万とか7万円。
中には10万円で売れたものもあります。
もちろん、利益は1つ1万円以上取れるわけです。
 
こういった商品が売れたら、本当に嬉しいですよね?
売上にも貢献してくれるし、利幅もしっかり取れるわけですから。
 
 
でも、ロングテール商品にもデメリットがあります!
 
 
そう!それが先ほどから何でも言っている「回転が遅い」ことです。
 
販売価格自体が高額という理由もあり、売れるまでに
2、3ヶ月かかることもあります。場合によっては半年も。
 
売れるまでに、ここまで時間が掛かってしまうと
物販の場合、資金ショートします。
 
 
ですので、せどり初心者の段階では扱うべき商品ではありませんし。
中級者も、ご自身の懐事情と相談しながら仕入れをしていってください。
 
 
では、売れるロングテール商品をどうやって選ぶのか?
 
 
それでも、大きな売上を目指す上で、ロングテール商品を取り入れる
ということは避けては通れません。
 
出来るだけ早く売れる。あるいは、絶対に売れる商品だけを
ピックアップしたいと思うはずです。
 
 
そこで、売れるロングテール商品を選定する3つのポイントを紹介します。
 
 
 
ポイント1:1ヶ月にどれくらいの頻度で売れているか?
 
 
これは、ツールを使う必要がありますが、最低、過去3ヶ月くらいを遡って、
どれくらいの頻度で売れているのか?を調べていきます。
 
 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001AZGRVK/

 
 
例えば、こういったランキングの推移が分かるグラフを用いると
ランキングが一気に上昇している箇所があります。
 
ランキングが上昇する=商品が売れた
と仮定して、1ヶ月に何回上昇しているかを調べます。
(グラフが右肩上がりになっている箇所を数える)

 
ロングテール商品の場合、1ヶ月に最低1回は売れていて
それが過去3ヶ月も同様であること。
 
これが、1つ目のポイントになります。
 
 
 
ポイント2:ライバル出品者が3人以内であること
 
 
ロングテール商品は回転が遅いということは、何度もお伝えしました。
 
あなたが売ろうとしているロングテール商品を他のライバルも出品している場合、
自分の順番がいつ回ってくるのか?ということも考えなくてはいけません。
 
そこで、ライバル出品者の数をチェックしましょう。
 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001AZGRVK/

 
理想はライバルがゼロの状態でしょうが、そういったことは滅多にないので。
目安としては、3人以下です。
 
ライバルが3人以下なら、仕入れ基準を満たしていると思ってください。
ただし、この3人のライバルの価格をチェックしたときに
大きくかけ離れてている場合は、注意が必要です。
 
(例)
ライバル1:15,000円(最安値)
ライバル2:40,000円
ライバル3:43,000円
 
このような場合、お客様の心理からすると
最安値15,000円の商品を購入していくはずです。
 
ですので、あなたの販売価格も15,000円付近になります。
15,000円でも利益が出るのなら、仕入れ対象商品になります。
 
これがポイントの2つ目です。
 
 
 
ポイント3:対象商品にマニアックなファンがいるか?
 
 
あなたが販売しようとしているロングテール商品が売れる商品かどうか
判別するポイントに
 
・熱狂的な(マニアックな)ファンがいるかどうか?
 
というのがあります。
熱狂的なファンがいる作品や商品であれば、
たとえ古い作品でも、売れていきます。
 
マニアには、コレクションしたい!という欲求がありますので。
 
そういったコアなファンを見つける方法ですが
まずは、アマゾンの商品ページのレビューをチェックします。
 

 
このレビューを見て、マニアックな書き込みがあれば
その商品には熱狂的なファンがついていることになります。
 
 
他にも、mixiでコミュニティがあるかどうかもポイントになります。
mixiでコミュニティが存在していて、参加者同士が熱い情報交換を
していれば、売れる!と踏んでもいいでしょう。
 
これが、3つ目のポイントです。
 
 
まとめておくと。確実に売れるロングテール商品を見分けるポイントは
 
・1ヶ月にどれくらいの頻度で売れているか?
・ライバル出品者が3人以内であること
・対象商品にマニアックなファンがいるか?
 
となります。
 
月商100万円以上の大きな売上を目指す場合、
ロングテール商品を取り扱うことは避けては通れません。
 
上記のポイントを参考に、出来るだけ売れるロングテール商品を
仕入れていってください。
 
 
参考記事
在庫リスクを考えた商品バランス
 

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加